フィラリア薬を飲ませる時期はいつ頃?

犬の薬早分かりコレクションは、お客様が理解したい犬の薬の新しいデータをしっかりとお伝えしているHPです。お客様に何としても存じてほしい犬の薬のベーシックな内容だって載せているのでチェックしてね! - フィラリア薬を飲ませる時期はいつ頃?

犬の薬早分かりコレクション

フィラリア薬を飲ませる時期はいつ頃?

フィラリア薬というのは一年を通して飲ませる薬ではありません。一定の時期がきたら飲ませるというのが一般的ですが、この時期を誤ってしまうと大きな失敗を招きます。というのも、まだ早くから飲み始めて遅く終えるという分には良いのですが、適切なタイミングよりも遅く飲ませ始めたり早く切り上げてしまうとフィラリアに感染する危険性が出てきます。なのでフィラリア薬を飲ませる時期についてはしっかりと頭に入れておかなければいけません。

フィラリア薬の開始時期

フィラリア薬の開始時期は、蚊をみかけるようになった1ヶ月後です。蚊が出始めるのは気温によっても差がありますから、地域やその年によって多少ずれが生じると言えるでしょう。とはいえ平均的には4月から5月頃にフィラリア薬は開始する事が多いです。なので目安としてはこのくらいの時期をフィラリア薬の開始時期として頭に入れておくと良いでしょう。開始時期が遅れてしまうと、予防にならずに全く意味がありません。なので時期を逃さないようにしっかりと気をつけてあげるようにしましょう。

フィラリア薬の終了時期

フィラリア薬の終了時期は、蚊をみかけなくなった1ヶ月後です。こちらもフィラリア薬を始める時期同様に気温などによって毎年多少のズレは出ますが、だいたい11月から12月頃が平均的なやめ時であると考えられます。蚊が出なくなったからもう安心とすぐにフィラリア薬をやめてしまわずに、しっかりと1ヶ月程度待ってからフィラリア薬の投与は終了するようにしましょう。

フィラリア薬は5月頃始めて12月頃に終える

フィラリア薬を飲む時期の平均は、4月か5月あたりから11月12月頃までとなります。例えば早く始めて遅く終わる分には薬代などはもったいないものの、フィラリア感染の予防の観点からは問題ありません。しかしながら、始めるのが遅かったり終えるのが早いと感染のリスクがあるので気をつけましょう。

犬の薬早分かりコレクションTOPへ

Copyright(C)2016 www.doubleyoubiz.com All Rights Reserved.