犬の成長を人間の年齢に例えるとどうなりますか?

犬の薬早分かりコレクションは、お客様が理解したい犬の薬の新しいデータをしっかりとお伝えしているHPです。お客様に何としても存じてほしい犬の薬のベーシックな内容だって載せているのでチェックしてね! - 犬の成長を人間の年齢に例えるとどうなりますか?

犬の薬早分かりコレクション

犬の成長を人間の年齢に例えるとどうなりますか?

人間の年齢と比較する

犬の年齢を人間に例えると

犬の一年は人間に換算すると6年になると、人から聞いたりペット雑誌などでも目にする事があります。でも、単純に人間の平均寿命と犬の平均寿命を比較するのは難しいのです。野生を強く残している犬の成長は驚くほど早くて、最初の雌犬の発情期を迎える6カ月から8カ月目は人に例えたら12から13歳ぐらいです。繁殖に使えると言われている2度目の発情はそれから6か月後から7か月後に再びおとずれますが、犬の1歳前後であるその時期は人間でいえばもう18歳程度に相当します。

しかし、それ以後の年の取り方は極めてゆっくり進んで、人間と違って充実期が老齢犬となる直前まで続くと考える方が理にかないます。犬は1年でほぼ成犬になり体力、気力が充実している壮年期が晩年まで続いていきます。要するには体力的なピークと言える期間が犬の場合は長く持続します。もちろんその間にも体型が変化したり、仕草にも落ち着きが出てきたりと年月とともに変化していきます。しかし、人間のように40歳だからスタミナがないという事はありません。

寿命の長さ

寿命の長さは犬種や飼い方でも大きく違いが出ます。闘犬で有名な土佐犬は長くても8歳ぐらいで生涯を終えますが、家庭犬として飼っていたら12歳や13歳まで生きる事も珍しくありません。また、よし悪しは別にして、犬の寿命も人間と同じように、単純な年月の計算は当てはまりません。生きている間の緊張感、緊迫感、燃え方でも変わります。例えば狩猟犬などは5歳を経ずして、生涯を終える事もありますが、それでも充分に一生を尽くしたと言えるのです。人に依存する事により長く生きる犬も、野生を強く残して短い一生を終える犬もどちらも満足して幸福な一生を生きたと言えます。

ですが、鎖でつないだまま運動はおざなり、ドッグフードは適量を与えるという飼い方をしてもそれなりに長生きするケースもありますが、そんな飼い方は犬にとっても不幸です。世界でたった1匹の愛犬ですから幸せに生涯を終えるように、飼い主が愛犬の幸せを考えて世話をしてあげて欲しいのものです。

犬の薬早分かりコレクションTOPへ

Copyright(C)2016 www.doubleyoubiz.com All Rights Reserved.